【YASHIKI/ヤシキ】2018AW「波の花」とは?

【YASHIKI/ヤシキ】2018AW「波の花」とは?

By 齊藤 大輔

本日入荷が始まりました、ニットブランド「YASHIKI/ヤシキ」の2018AWシーズン。

ニット専業ブランドなだけに、秋冬シーズンは特に得意としております。

そのような中でも、今回の2018AWシーズンは、これまでのコレクションと比較致しましても、傑作揃いの素晴らしいラインナップであると感じています。(私個人の印象では無く、これまでのYASHIKIのニットを沢山お持ちのお客様からも同じ意見を頂いております。)

YASHIKIのニットはこれから続々と入荷して参りますが、その前に、今シーズンのコレクションテーマについてお話致します。


2018AWのYASHIKIのシーズンテーマは、「波の花」。

聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、「波の花」とは、冬の強風によって波が岩場に強く打ち付けられて白い泡が出来る自然現象です。

その発生は非常に稀ですが、石川県の能登半島にある輪島市ではよく観測されることが知られています。
まさに、石川県の冬を想起させるシーズンテーマです。

風に乗ってふわふわと舞い上がり、幻想的な景色を作り上げることもあります。

この波の花に関しまして、YASHIKIデザイナーの言葉を引用致します。


[ 波の花 ] NAMINOHANA



高い波が打ち付ける岩場、凍てつく冷気
厚い雲に覆われた冬の能登の海岸

多くの観光客でにぎわう夏の海とは一変
どこか寂しげだった

大人になった私がそんな海岸沿いを歩いていると
一人のおばあちゃんと出会った

少し会話をして別れを告げると
おばあちゃんはくるみを私にくれた

そのくるみは海岸に流れつくくるみを拾ったものだという
そういえば父も昔、海岸でくるみを拾っていたのだと話していた

何十年も変わらずに続く営み
その中の一つが思い出とともに巡り巡って私の元へとたどりついた

自分が知らなかっただけで変わらずにあった日常と
そこから感じるぬくもり

別れたおばあちゃんを背に
ほんのりと熱を帯びたくるみを握りしめ

ふと海に目を向けてやると
波の花が海から空へと綺麗に舞っていた


今回のYASHIKI 2018A/W COLLECTIONでは私が大人になってから訪れた冬の能登の海岸をテーマにそこから感じた温もりをニットに落とし込みました。

展示会場にポツンとあったくるみ。

その時は一瞥して気にも留めず過ぎたのですが、会場を後にしてから上記を読むと、その存在がはっきりと頭に浮かんで来ました。

波の花が象徴する、冬の能登の海岸。

ニットの編み地を駆使してその景色を表現したラインナップなのですが、田舎育ちの私には、その風景と共に、過去の記憶や様々な感情が生まれて来ます。

単純に「優れたデザインの作品」としてファッションをお愉しみ頂く他にも、プラスαを感じて頂ける可能性があるのが、YASHIKIのニットの魅力であると思います。

【Salty別注】"経年変化を愛でる為"の財布。

全ての行程を職人が手作業で行なうレザーブランド、"NIBUR/ニブール"。サドルステッチによる堅牢な手縫いや、コバの切り目本磨きによる美しい仕上げ等、高い技術を駆使してたっぷりと時間を掛けて製作される...

齊藤 大輔 ブログ

新機能「ライトニングビュー」リリース。

弊店ONLINE STOREにて、新たな機能が実装されました。その名も「ライトニングビュー」。名前だけでは内容の想像がつかず、なんのこっちゃという印象であると思います。以下の画像をご覧下さいませ。...

齊藤 大輔 ブログ

新年のご挨拶

本年の営業がスタート致しました。昨年は、多くの方に助けて頂きましたこと、そして洋服を通して新たな出会いが出来ましたことに感謝致します。本年は、昨年よりも魅力のあるお店となります様、ゆっくりではあります...

齊藤 大輔 ブログ